2009年春より愛知県北設楽郡のとある山の中へ東京から移住。自然豊かなこの町で“木と革”から生まれるモノ作りをしています。


by oyama-life

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

紫陽花

雨が少ない今年の梅雨。
やっと降ってくれた雨が木や草、土、空気、すべてに潤いを与えてくれます。
私たちの気持ちも潤いました。

b0185232_22422312.jpg
b0185232_22425842.jpg

[PR]
by oyama-life | 2017-06-28 22:46 | | Comments(0)

五平餅はおもてなし料理

「五平餅」食べたことありますか?
地域によって味も形も色々ありますが、櫛にご飯をつけて焼いて味噌をつけたもの。
山間部のサービスエリアや道の駅などでよく売られているアレです。

aoyamaのある設楽町にも五平餅を売っているお店が数件あります。
そしてどの家庭にも五平餅用の櫛と小判型の型ぬきがあります。(以前はあったと思います。)
昔は、来客をもてなす料理としてよく作られていたとか。

先日の「お店の日」の打ち上げに「五平餅パーティー」をしました。
家で作る五平餅は買って食べるものより何倍も美味しく感じます。
みんなで五平餅を頬張る風景は、まるで家族のよう♪
b0185232_21253020.jpg
b0185232_21251699.jpg
b0185232_21312679.jpg
b0185232_21262968.jpg
東京からここに越してきて8年。
味噌文化にも慣れ五平餅も作れるようになったけど、自分で作る自分の味はまだありません。
カタチや固さ、味噌の味、aoyamaの五平餅をいつか作ってみたいな~。


[PR]
by oyama-life | 2017-06-23 21:59 | | Comments(0)

7月の「お店の日」&ワークショップのご案内

7月の「お店の日」に合わせて今回もワークショップやりますよ~。
作る楽しみ、使う楽しみ、是非ご一緒しましょう。

革のお題は前回と同じスマホショルダーです。
今回は新色こげ茶が加わりキャメル、ブラックの3色からお選びください。
紐の長さは自由に調整できるので、クラッチバッグのようにもお使いいただけます。

【革のスマホショルダー作り】 ※各回定員4名
参加費:7000円(税込)
①7/16() 10:30~12:00
②7/17() 10:30~12:00 
革の色は こげ茶・キャメル・ブラックから申込時にご指定下さい。
糸はベージュ、キャメル、赤、茶、黒から当日お選びいただきます。
b0185232_22303639.jpg
b0185232_22320258.jpg
b0185232_22321582.jpg
b0185232_18231325.jpg

木のお題は木べらです。
お料理をする人なら使わない日はない「木べら」。
もう少しココがこんな形だったらいいのに、、と思ったことありませんか?
自分だけの納得の道具、一緒に作りましょう。
南京鉋と小刀を使ってご自分のペースで作っていただきます。

【木べら作り】 ※各回定員4名
参加費:ジャムべら1,500円 (税込) 調理用へら 2,500円
①7/16() 13:00~15:00
②7/17() 13:00~15:00 
材料はすべて国内、主に愛知県内のものを使用。

家庭用なら持ち手は長く、アウトドア用ならコンパクトに。
先は少し細く薄くちょっとすくえるようなカタチがいい。
使いやすい形や大きさは人それぞれ。
是非、作りたいイメージを膨らませてご参加下さい。
b0185232_17593740.jpg
b0185232_18053473.jpg
b0185232_18032317.jpg


お申込・問合せは、メールまたは、お電話にて7/13(木)までにお願いします。
定員になり次第締め切らせていただきます。
tel:090-2163-6175
mail:aoyamalife@nexyzbb.ne.jp



[PR]
by oyama-life | 2017-06-22 23:32 | お店の日 | Comments(0)

素敵な「カフェ爾今」さん

6月の【お店の日】、スペシャルゲストに新城にあるカフェ爾今さんをお迎えしました。
キラキラした緑とそれに負けないお二人の笑顔と豊かな会話。
いつかこんな人になれたら・・・と未熟な私たちはお会いするたびに思うのです。

b0185232_08585198.jpg
b0185232_21265125.jpg
美味しいパンやクッキー、こだわりの珈琲は胃袋も満たしてくれます。
子ども達も大好きだから爾今さんから離れない・・・。
b0185232_21262837.jpg
またこの場所に来た~い!と思ってもらえるような、ワクワクする場所であり続けたい。
b0185232_22200330.jpg
カフェ爾今 http://nicon.blog.shinobi.jp/
ランチは、前日までに予約が必要です。
ゆったりのんびり心を落ち着かせてくれる場所です。
b0185232_20584778.jpg

[PR]
by oyama-life | 2017-06-21 22:10 | | Comments(0)

6月のお店の日、ありがとうございました!

今月から始まった月1お店の日、爽やかな緑いっぱいの2日間をお客様と一緒に過ごすことができました。
b0185232_21253156.jpg
b0185232_21251710.jpg
b0185232_21305954.jpg

1日目は、新城にあるカフェ爾今さんをお迎えして美味しいコーヒーとパンを楽しませていただきました。
b0185232_08585198.jpg
b0185232_21283897.jpg

そして、今回は久しぶりの木と革ダブルでワークショップを開催しました。
革のお題は、「スマホショルダー」作り、スマホと小さめのお財布、ハンカチなどが収まる便利なサイズです。
素敵な作品が並んだ時、ハッとする嬉しさです。
b0185232_21122726.jpg
b0185232_21234257.jpg
b0185232_21321722.jpg
b0185232_21351440.jpg
b0185232_21374811.jpg
木のお題は、「カッティングボード」と「スプーン」作りです。
2日間参加していただいたお客様もいらっしゃいました。
b0185232_21273671.jpg
b0185232_21443607.jpg
b0185232_22130691.jpg
b0185232_22110973.jpg
b0185232_22092332.jpg

この2日間のゆっくりとした時間がたっぷりと心を満たしてくれました。
お客様と話した時間、作ることを一緒に楽しんだ時間、カフェ爾今さんの美味しいコーヒーとパンを食べた時間、子ども達とハンモックをした時間、もうここには書ききれないほど(笑)
こんな時間をずっと過ごしたかったんだと、あらためて気付かせていただきました。
本当に、本当にありがとうございました。
b0185232_22364640.jpg
7月のお店の日は、7/16(日)17(祝)です。
皆さんと楽しめる企画をご用意してお待ちしております。
詳細はまた後日お知らせします。カレンダーに赤丸つけといて下さいね(笑)

[PR]
by oyama-life | 2017-06-18 22:30 | お店の日 | Comments(0)

梅の時期です。

梅を体が欲する時期と梅が大きく実る時期はちょうど合うようにできている。
暑さに体がついてけない時、ジメジメ湿度が高く気持ちがドンヨリしてしまう時、
ちょうど、梅が実ってくれます。「梅」の出番ですよ~。

今日は、友人と梅採りをしました。
青々として梅の実が食べる前から気分を爽やかにしてるれます。
b0185232_21303885.jpg
b0185232_21290889.jpg
b0185232_21294582.jpg
ひと仕事した後は、2週間前に仕込んだ梅ジュースで喉を潤しました。
b0185232_21420154.jpg

[PR]
by oyama-life | 2017-06-15 21:52 | | Comments(0)

6/17(土)のaoyamaに「カフェ爾今」がやって来まーす!

6/17(土)18(日)は、aoyamaの営業日です。
お店を開けてのんびりお待ちしております。
そしてなんと!6/17土曜日は、新城にある「カフェ爾今」さんが出張カフェにやって来てくれますよ
コーヒーとチョコレートケーキとクッキー、aoyamaの緑の中で是非堪能して下さい。
6/17(土) 11:00~16:00 aoyamaガレージスペースにて。
b0185232_21524274.jpg
b0185232_21531724.jpg
木のワークショップは、当日のご参加も大歓迎です。
ご予約もお待ちしてます。
【カッティングボードまたはスプーン作り】※革タグ付
参加費:カッティングボード 3,000円(税込) スプーン 2,000円(税込)
③6/17(土) 13:00~14:30
④6/18(日) 13:00~14:30

カッティングボード作りは、南京鉋とナイフを使ってクリの木のカッティングボードを作ります。
お料理を切ってそのままテーブルへ。ちょうど良いサイズです。
b0185232_22055581.jpg
b0185232_21344940.jpg
スプーン作りは、ナイフを使ってサクラの木のスプーンを作ります。
これでアイスやかき氷を食べたら美味しさUP間違いなしです♪
b0185232_21301749.jpg
b0185232_21425976.jpg
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

[PR]
by oyama-life | 2017-06-14 22:19 | 木と革 | Comments(0)

『wakudokiアウトドアフェス』に参加しました。

先週末は茨城県大子町にある東日本一の人気キャンプ場グリンヴィラにて『wakudokiアウトドアフェス』に出店&ワークショップで参加させていただきました。最高のロケーションです♪

b0185232_21000159.jpg
b0185232_20593749.jpg
b0185232_21043958.jpg
b0185232_21012709.jpg
b0185232_21003752.jpg
b0185232_21010697.jpg
2日目のワークショップでは総勢21人に茨城県産の桜材を使ったスプーン作りを体験していただきました。写真撮る暇がなかったのですが、恒例の木のクイズを交えながらのモノ作り。保育園児から大人まで、青空の下で楽しそうな笑い声がキャンプ場に響いていました。
五感をフル活動させ体で感じる大切さと人と人との繋がりの大切さを再確認した旅でした。
関係者の皆さま、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


[PR]
by oyama-life | 2017-06-14 21:19 | ワークショップ | Comments(0)

「きららde山遊びサミット2017」

設楽町にある段戸裏谷原生林「きららの森」で開催された「きららde山遊びサミット2017」で「木のカトラリー作りワークショップ」を担当させていただきました。
新緑の包まれた「きららの森」は、ものすごいパワーを持っています。この季節に是非一度訪れて下さい。

「きららde山遊びサミット2017」素敵な時間をありがとうございました。

b0185232_22291406.jpg
b0185232_22300404.jpg
b0185232_22302375.jpg
b0185232_22294754.jpg
b0185232_22292507.jpg
この「木のカトラリー作りワークショップ」は、6/17(土)18(日)にaoyamaのアトリエでもやります。
是非、気軽にご参加ください。※ご予約受付中
詳細はコチラ→ http://oyamalive.exblog.jp/26892421/


[PR]
by oyama-life | 2017-06-05 22:44 | ワークショップ | Comments(0)

「田舎暮らし」を本気で考える人へ~設楽町とは?~ part2

1年半前に書いた「『田舎暮らし』を本気で考える人へ~設楽町とは?~」の続編です。

ここ数年、田舎が熱いです。
行政で?外国で?若者の間で?
メディア的に沸いていたのが数年前、このブームが本物になるかはそこに住んでいる人が主体となって動くかが分かれ道です。
実際に田舎に住んでいる人が実感するには、とても時間がかかりました。

設楽町では、、、
平成28年から役場に「移住定住推進室」というものができて町全体で力を入れ始めました。
まだまだですが、これからに期待していて下さい。
設楽町ホームページ http://www.town.shitara.aichi.jp/

設楽町のHPから少し抜き出しました。気になる項目をクリックして下さい。
一坪1万円で宅地を分譲します
設楽町若者定住促進住宅補助金を交付します
設楽町の空家バンク
設楽町の仕事情報 設楽町無料職業紹介所

地域の移住定住推進組織も活動しています。
住民が中心となって立ち上がった4地域の移住定住推進組織があります。

・田口地域「田口小学校区町づくり委員会」
他にも、若者中心の団体「たぁぐっちぉ」が活躍しています。

・清嶺地域「清嶺地域活性化協議会」
「移住」「地域活性」「広報」に分かれて活動しています。
2月には「せいれい縁日」を開催して盛り上がりました。

・名倉地域「名倉高原 山の番人」
(情報収集中・・・)

・津具地域「津具どっとこい(tsugu.coi)」
設楽町4地区の中で一番進んでいるようです。
他の地区も津具地区から刺激を受けてさらに盛り上がっていくと思います。
b0185232_10224163.jpg
何もないところに魅力を感じ人とのつながりを大切にして暮らしたい人、
何もないところをチャンスと考えビジネスをしたい人、
何もないから何でもできるよ、是非一度設楽町を訪ねて下さい。
お問い合わせはフリーダイヤル 0120-060-514 設楽町役場「移住定住推進室」

そこに暮らす人の何でもない話でよければ、いつでもaoyamaまでお訪ね下さい。
木と革aoyama http://aoyama.ifdef.jp/
お待ちしてます。


[PR]
by oyama-life | 2017-06-03 09:30 | | Comments(0)

ホームページ

カテゴリ

はじめに
木と革
納品事例2015~
ワークショップ






イベント2017~
お店の日

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

ミムジルシさま☆ 開い..
by oyama-life at 22:30
!!! すっごく嬉しい..
by ミムジルシ at 20:19
こんにちは。 『デトロ..
by desire_san at 12:29
ミムジルシさま☆ 気付..
by oyama-life at 21:38
盛大にギクリ!!
by ミムジルシ at 19:18

検索

最新の記事

アトリエ個展始まりました‼ ..
at 2017-11-20 08:12
いよいよ今週末から個展がはじ..
at 2017-11-17 22:45
祝!金婚式!!
at 2017-11-15 21:06

記事ランキング

画像一覧